Work

社員紹介

リヴトラストで働くさまざまな社員。
働く動機も強みも異なりますが、リヴトラストで何かを得ようとする姿勢は同じ。
それぞれの仕事内容と想いをご紹介します。

心地よいプレッシャーの中で培うのは、
あらゆる問題に対処できる不動産知識

業務部
2017年入社

学生時代は文学部で比較文化を学び、新卒でリヴトラストへ入社。現在は業務部に所属し、不動産売買の契約や決済業務を主に担当している。専門知識を正しく理解し、お客様に分かりやすく説明することに加え、法改正への対応も必要となるため、情報のアップデートを大切にしている。

広く深い知識が要求される、
不動産売買に関する仕事

私が所属している業務部では、お客様に申し込みをいただいた物件の契約から引き渡し後のサポートまで行っています。具体的には、まず購入意思をお持ちのお客様に対して重要事項説明書の説明から始まり、売買契約書の締結、金融機関をご利用の際にはその必要書類の取り付けなどが主な役割です。また、当社は保険の代理店としての役割も果たしているので、物件購入に関する各種保険の申し込み手続きや更新手続きも業務の一つです。決済時には、司法書士の先生と登記に関する手続きについてやりとりを行い、登記が終われば無事お引き渡し完了となります。
新築・中古にかかわらずさまざまな物件を取り扱うリヴトラストでは、不動産売買について幅広く学ぶことができ、知識が身についてきているのを実感できます。一方で、専門的かつ複雑な知識が要求されることも事実で、特に売買契約書の作成やお客様への説明にはいつも苦労してしまいます。その分、「契約時の説明がとても分かりやすかった」などと書かれたお客様アンケートを読むと、とてもうれしいですし次も頑張ろうという意欲が湧いてきます。

会社の利益を支える、
縁の下の力持ちとして

契約内容や重要事項の説明は、難しい業務である一方、お客様とお話できる貴重な機会でもあります。こうしたお客様との会話は、仕事におけるやりがいの一つ。一人ひとりの不動産投資に対する想いやそれぞれの背景を知ることができる上に、お客様ご自身の暮らしや仕事内容など人柄を知ることができ、楽しさと同時に仕事に対する責任を感じます。
また、業務部の仕事内容は営業部の数字に直結します。特に絶対にミスすることのできない決済業務のプレッシャーは相当。しかしながら、会社や営業担当の利益を上げることに直結しているため、プレッシャー以上にやる気が出てくるのも事実です。実は入社直後に営業部で働いていた経験があるので、サポート役として少しでも貢献したいという気持ちが強いのだと思います。
まだまだ未熟な点もたくさんありますが、これからも現状に満足せず、自分を高めていきながら、営業担当そして会社全体を支えていると自信を持って言える働きをしていきたいと考えています。